田尻 一裕

創薬支援事業

取締役 中枢神経領域開発受託事業部長

田尻 一裕

バイオテクノロジーカンパニーを開発早期から支援

バイオテクノロジーカンパニーを開発早期から支援

リニカルは、既存のCRO事業と育薬事業に続く、第3の事業である創薬支援事業 (Innovative Drug Development Business) を展開しています。具体的には、現在、以下3つのコンサルティングサービスを中心に提供し、ワンストップでリニカルの強みとしている高い品質で効率的な開発とライフサイクルマネジメントに繋げています。この創薬支援事業により、臨床開発、開発薬事、マーケティング、ライセンス、事業開発といった機能を社内に有する製薬会社をサポートするだけでなく、国内外を問わず、これらの機能を有さないバイオテクノロジーカンパニーを開発早期から支援しています。

1. 開発品の市場分析
・対象患者数予測
・現行治療アルゴリズムと今後の変化
・競合品分析
・開発品のポジショニングと差別化
・薬価予測
・正味販売額予測

2. 薬事相談のサポート
・開発/薬事戦略の立案
・PMDAとのRS総合相談・RS戦略相談のサポート
 (面談申込み、面談資料作成のサポート、面談への出席、面談メモ作成、等)
・臨床試験デザイン、プロトコル シノプシスの作成

3. ライセンスのサポート
・ビジネスモデルの提案
・出口戦略の提案
・ライセンス候補先の選定、アプローチ、面談、契約交渉

また、リニカルは、創薬ベンチャーキャピタルファンドにリミテッド・パートナー(LP)として参加し、国内外のバイオベンチャーのへの投資や、有望なテクノロジープラットフォームに注目したベンチャークリエーションといった形態での創薬支援も積極的に行っています。