長峯 直也

がん領域開発受託事業部 部長

長峯 直也

お客様にご負担をお掛けすることなく高い質を保つ

お客様にご負担をお掛けすることなく高い質を保つ

弊社は2010年よりがん領域の臨床開発のサポートを開始して以降、この間に急速に成長し続けており、今や弊社で最も大きな組織へと変貌を遂げております。これも偏にお客様からのご愛顧があってのものでございます。この場を借りて厚く御礼を申し上げます。
引き続きお客様のご期待に応えるべく、弊社は開発パートナーとしてのマインドを持ち、これまでの経験を踏まえた積極的なご提案を差し上げるようにしております。加えて、プロジェクト横断的な情報共有及び速やか且つ適切なCAPAの策定・履行により、複数の試験をお任せ頂く場合においても弊社で完結致しますため、お客様にご負担をお掛けすることなく高い質を保つことが可能です。

試験を成功に導く確かなマインド・実施体制により、弊社は様々ながん腫(固形がん・血液がん・支持療法)や幅広いphaseに加え、昨今のトレンドでありますがん免疫療法についても多くのノウハウを有するに至りました。更には日本主導のグローバル試験についても年々お任せ頂く機会が増えております。
このように、弊社のがん領域開発受託事業部は幅広い経験と実績を有しており、今もなお急速に成長し続けております。臨床試験の実施にあたり委託先を選ばれる際には、先ずはお気軽にお声掛け下さいませ。お客様のニーズに応じたご提案を差し上げ、ご満足頂けるよう最善を尽くすことをお約束致します。