Jiwon Kim

グローバルプロジェクトマネジメント部 課長

Jiwon Kim

外国出身スタッフは皆、国内外での臨床試験に関してワイドな視点でサポートできます

外国出身スタッフは皆、国内外での臨床試験に関してワイドな視点でサポートできます

リニカル東京オフィスの国際開発事業室にてプロジェクトマネージャーを担当しています。私自身の経歴を少しご紹介させて頂ければと思います。韓国出身で東京に在住しており、2012年にリニカルに入社しました。モニターから始め、モニタリングリーダーを経てプロジェクトリーダーとなり、がん領域、中枢神経系、筋骨格系の疾患を含む様々な適応症の臨床試験を経験してきました。担当してきた国際共同治験は、日本主導の臨床試験で、日本の製薬会社が求めている情報や国外で臨床試験を行う際に障壁となるものなど、経験を通じて知識や理解を深めてきました。また、日本の数々の臨床試験にも携わり、外国人の立場から日本で臨床試験を行う際に配慮すべき点などについてアドバイスすることもできます。私と同様、外国出身でリニカル本社にて勤務するスタッフは皆、国内外での臨床試験に関してワイドな視点でサポートすることができ、我々のチームの強みであると感じています。

東京と大阪オフィスの両拠点に様々な国出身のスタッフが在籍

東京と大阪オフィスの両拠点に様々な国出身のスタッフが在籍

日本のグローバルプロジェクトマネージメント(GPM)チームは、主に外国出身のスタッフで構成されていますが、日本の臨床試験も経験してきており、日本での試験のスタイルを良く理解しています。国外での臨床試験実績がそれ程多くないクライアントに対しても、懸念事項や疑問点などについて積極的に助言や提案を交えながらサポートさせて頂いております。また、東京と大阪オフィスの両拠点に様々な国出身のスタッフが在籍しており、子会社スタッフともコミュニケーションをとりながら、各国において新薬が承認されるまでの最短ルートに基づく戦略立案も可能です。
GPMメンバーは、基本的にプロジェクトマネージャーとして日本ベースで仕事をしていることから、日本にいるクライアントとタイムリーに連絡できる体制となっており、また各国の現地スタッフとのコミュニケーション力にも長けているので、話し合われたことやスポンサーの意見なども、迅速且つ正確に各地域のスタッフに伝えることができます。メンバー全員が日本語と英語に加え、母国語を話すことも大きな強みです。
これまでに数々のプロジェクトを成功に導いた実績もあります。リニカルが持つノウハウや強力なサポート体制に興味を持って頂けましたら、是非ご連絡下さい。パートナーとして選んで頂けると幸いです。