C.U 2012年新卒入社

リニカルのCRAが
私の天職

中枢神経領域開発受託事業部 課長代理

C.U 2012年新卒入社

臨床開発への興味 ~苦しんでいる患者様の力になりたい~

臨床開発への興味 ~苦しんでいる患者様の力になりたい~

大学で薬学を学んでいたので、就職活動を始めた初期のころは、「医薬品に関わり、人と接する仕事に就きたい」と、漠然とMR職がいいのではないかと思っていました。ですが、病院実習を経験し、服用されている薬が思うように効果を発揮しない患者さんや、薬の副作用に苦しんでいる患者さんたちに出会い、今存在する医薬品を広めていくのではなくて、新しい医薬品を世に出していく臨床開発に興味を持ちました。

CROとの出会い

CROとの出会い

CRO業界を知ったのは、学内セミナーで企業説明を聞いた時でした。CRAは医薬品開発に携われるだけではなく、外勤が多いこと、様々な人と接する機会が多いこと、基本的に転勤がないことを知り、CRAの方がMRよりも自分には合っていると確信しました。
また、医薬品開発をするのであれば、製薬メーカーも選択肢に入りますが、私は特定の領域や薬剤ではなく、様々な疾患に携わりたかったのでCRO一本で就職活動をしました。

リニカル入社の決め手・入社後に感じたこと

リニカル入社の決め手・入社後に感じたこと

CROの中でリニカルを選んだ理由ですが、
・アンメットメディカルニーズに特化した医薬品開発をしているので、社会への貢献度がより高いこと。
・モニタリングに特化しているので、CRAを極められること。(自分の意に反したCRA以外の職種への異動する可能性が低いこと。)
・若手が多く勢いのある会社で、選考時に接した社員の雰囲気からもリニカルであれば前向きに楽しく仕事ができると思ったこと。

また、リニカル入社後に感じたことですが、
・学生の時、社会人はもっと上下関係が厳しいと思っていましたが、リニカル入社後に感じたことは、想像していた以上に先輩や上司、役員の方と話しをしやすい環境であったことです。リニカルでは上司も役員も立場に関係なく業務でわからないことがあれば丁寧に相談に乗ってくださいます。
・次に社員研修です。研修制度が充実していること知っていましたが、これほど会社が学習の機会を提供してくれるとは思っていませんでした。また業務内容では、報告書やメール等、文章を作成することが多いとは思っていませんでしたので、入社後に本や先輩方の報告書をたくさん読み、スキルアップを図りました。
・最後に働き方です。裁量労働制なので、自身の業務の効率次第で、勤務時間を調整でき、働きやすい環境であるため、私にはすごく合っていると感じています。

最後に

私はリニカルで中枢領域の3試験に携わり、内1つの薬剤は承認されました。上司からプレスリリースを共有してもらった時は鳥肌が立つほど感動しました。今はもっと中枢領域を極めたいと思っています。リニカルでは中枢領域以外にもがん領域など専門性の高い疾患に携わることができ、若くても実績を出せば評価されます。私も今後はCRAとして現場で臨床開発に携わるだけではなく、チームのリーダーとしてチームのマネジメントにもチャレンジできるよう、レベルアップしたいと考えています。