Global 人材の育成

Global 人材の育成

グローバル人材育成の目的

リニカルは、近年製薬会社のニーズが高まっている国際共同治験へ対応するため、グローバル化を強力に推し進めています。国際共同治験をワンストップでサポートするため、日本のProject Managerが中心となり、日本を含むアジア、欧州、米国の海外拠点をマネジメントしています。リニカルの強みである「高品質とスピードを両立して最高のサービスをお客様に提供すること」を実現するため、外部採用ではなく、自社のCRAからProject Manager人材の育成を行っています。現在、ドイツとスペインに3名の社員が出向しています。(2018年1月に更に1名が出向予定)

海外出向で経験できること

出向直後の業務内容
  • Global-SOPや各国のRegulation等の習得
  • 各国の施設を現地のCRAに同行して訪問し、SDVを実施
  • Project Managerサポート
  • リードCRAとして複数PJにアサインされ、Global PJの流れの理解
Project Manager業務
  • Sponsorとの契約など、PJ Start Upの段階からPJのManagement
その他
  • 外国人の価値観、モノの見方や考え方
  • 国ごとの様々な文化

海外出向までの流れ

(1) 出向時期確定・募集

リニカルでは新規海外出向者を募る際には全社員に案内を行っています。

(2) 選抜

応募については一定の基準を設けておりますが、その基準内でしたら、自薦・他薦は問いません。書類選考と面接を実施し、決定します。

あなたの更なるGlobal Careerはリニカルで

3年間という長期間の海外出向研修(勤務)ができるのは業界内でもリニカルのみが行っている制度だと思います。そして、一定の経験と英語力があれば、平等にチャンスがあることも特徴です。リニカルでは、今後10年で20~30名のProject Managerを育成します。
これから入社される方にも充分チャンスがあります。

日本人が主体となって、国際共同治験をリードしていくことに興味・関心がある方は是非リニカルの会社説明会にお越しください。

中途採用情報