H.S

子育てと仕事を両立

開発本部 部長代理

H.S

今後成長する会社で自分も成長したい!

今後成長する会社で自分も成長したい!

新卒で他社CROのモニターとして入社し、1つのプロジェクトの始まりから終わりまでを新人~3年目の時に担当しました。
大学病院や大規模な病院を担当できるプロジェクトで、自分で考え行動したことが結果に繋がるという面白みがあり、また先生方とたくさんディスカッションする中で学ぶことが多く、今後もっとこの職種を極めたいと思えた新人時代でした。
ただ、当時所属していたCROは次に控えているプロジェクトが無く、また開発経験のある上司が少ないという点があり、私はもっと開発のプロがいる場所で働きたいと思いましたし、次に実施するプロジェクトが無い事でキャリアのブランクを作るのも嫌でした。その理由から転職を考えていた際、当時のプロジェクトで業務に関する色々な事を教えて下さったクライアントの方の経由で、「とても開発に熱い人だから、あなたに合うんじゃない?」と言われリニカルの創立メンバーをご紹介頂きました。それがモニターとして働き始めて3年目の夏でした。
私が採用面接を受けた2008年はリニカルがマザーズに上場した少し後で、今後は東証一部を目指して会社の規模を更に拡大していくという時でした。当時は、リニカル以外の数社からも内定を頂いていましたが、「今後成長する会社で、会社と共に自分も成長したい」と思ったことがリニカルに決めた理由でした。

自分の頑張りによって、チャンスを与えてもらえる場所。それが、リニカル

自分の頑張りによって、チャンスを与えてもらえる場所。それが、リニカル

いくら頑張っても上司や会社から認められない、新しいチャンスが回って来ないとやる気も持続しないと思います。
その点、リニカルは頑張る社員にはチャンスを与えてくれる会社だと思っています。上司も部下の面倒見が良く、普段は自由に仕事を任せてもらっていますが、適切なタイミングでフィードバック面談をしてくださいます。面談では「今後どうなりたいか?」といった話から、成果に関する自己アピールもしっかり受け止めてもらえるので、そこでやる気を新たにして「次のチャンスを確実にものにしよう!」と思い、これまでたくさん勉強もしましたし、業務の精度もよりプロフェッショナルになる様に努力をしてきました。
入社当時はモニターとしてスタートしましたが、今では私もリーダーという立場です。メンバーには「目標を立て自分自身で考え行動する事、その成果は上司にしっかりアピールする事、みんなの成長が会社の成長にも繋がっていく」と常に話しています。特に若い社員は自己アピールが苦手な人も多くそれはとても勿体ない事なので、メンバーの頑張りを自然とアピールできる様に勉強会やクライアント会議で発表の場を与える等の工夫をしています。

ママモニターとしての「二束のわらじ」

ママモニターとしての「二束のわらじ」

私自身がこの会社に入って出産をして復帰しています。自分の裁量に任せて仕事をさせてもらえる点では、自身の働き方にとても合っていると思っています。
私は基本的には、19時の保育園の迎えに間に合うように会社を17時半に退社します。リーダーという立場上、9時~17時半はクライアントとのやり取り、メンバーとの相談を優先していますので、その分、朝早く出社し考える時間をしっかり取りたい業務(今後の方向性考案やメンバーへの指示出し等)を朝にまとめて行うようにしています。また、外勤先から直帰する事も可能です。直帰すると保育園の近くにあるカフェで19時まで仕事ができるので、外勤先から一度帰社して退社するより時間を有効に使う事ができます。一方で、「19時以降は息子との時間」と決めて仕事と切り分けています。
最近はお子さんを出産されて復帰されている方が増えていますね。私はサブリーダーの際に育休を取得し、そのポジションで戻ってきました。上司の計らいで育休前と同じクライアントのプロジェクトに配属して頂けたので、業務の基本的な進め方やルールが理解もしやすく、とてもありがたかったです。
子供が急に熱を出してしまった時などは、17時半より前に帰らせて頂く事も急な休みを取る事もあります。
普段から、半年・月・週単位のタスクリストをチーム内で共有していて、また各タスクの進捗や作成中の資料の保管場所等もメンバーに細かく共有しているので、急な休みが生じてしまってもメンバーが困らない様にしています。また、メンバーも期限より早めにタスクを仕上げる癖を自然と付けてくれているのでとても助かっています。
私を含め、モニターで産休に入られた方は皆さんモニターで復帰しています。それだけモニターと言う職に魅力があるのだと思います。
お子さんがいる方には、ご自宅から近い施設を担当してもらう、復帰後すぐは立ち上げ時期の繁忙期のプロジェクトではなく、ある程度落ち着いた段階にあるプロジェクトに配属するといった工夫もしています。
ただ、こういった工夫は1つのチームだけではできないので、チーム間や部署間の協力を得て調整できる様に社内で横断的な繋がりを良くしておくのもリーダーの重要な役目だと思っています。その為にも、普段から他部署にも業務外で声を掛ける等、部署間のやり取りがスムーズに進む様に心掛けています。
リニカルへの入社を考えてくださる方で、「モニターってすごく忙しい仕事で、休みって本当にあるのですか?」とか、「育休って取れるのですか?」と心配して聞いてくださる方もおりますが、その際には私自身の働き方等、先ほどお伝えしたことを全て包み隠さず話しております。
現在も会社は制度を整えるために動いておりますし、私自身はママモニター同士の情報交換をもっとしていきたいなと考えています。