Y.H 2014年新卒入社

私の
大好きなお仕事!
臨床開発モニター!

開発本部 係長

Y.H 2014年新卒入社

薬が出来る過程で貢献できる、私の“お仕事”

薬が出来る過程で貢献できる、私の“お仕事”

私は薬学部出身です。そのため、薬剤師になる道ももちろんありましたが、調剤よりも薬が出来るまでの過程に興味を持っていました。
就職活動中はリニカル第一志望で動いており、他社も受けていましたが、リニカルの内々定が出た時点で入社を決めました。リニカルでCRAとして働きたい!とずっと思っていたので、内々定が出たときは本当に嬉しかったです。
CRAは、最先端の医療について医師と時間を取って話せる職種です。
最先端の話をするという事はもちろん勉強をしなくてはなりませんが、仕事をしながらレベルアップ・スキルアップできることに魅力を感じています。
医師と話す際には、何でも話してもらえる関係性を築いていこうと思っています。疾患などについて勉強していないと出来ない質問をするなど、医師が私と話したくなるようなコミュニケーションをとるよう心掛けており、私の担当施設に後輩を同行させる際には、このような医師とのコミュニケーションを重点的に見てもらっていました。今ではその後輩から「先生と仲良くさせて頂いています!」と言ってもらえているので、安心しています。医師やCRAの個性もあるので強制は出来ないですが(笑)
また、資料の提供一つにしても、医師の気持ちを予測して資料を準備しておき、「こういう資料が欲しいな」と言われた時には、「先生!そちらはご準備してあります!」と、すぐに提示できるようにしています。
新人の頃は、先輩に同行頂くことも多いため近郊施設を担当することが多かったですが、色々な所へ行くことが出来るのもCRAの魅力のうちのひとつだと思います。私は色々な地域の医師とその地域特有のお話しをすることも楽しみにしています。現地の方に聞かないと分からない地元の魅力やおすすめの観光スポット、お土産などのお話しもすることで、仕事ではなくプライベートでも地方に行きたいと思うようになりました。また、地元の人の温かみを感じることもできます。CRAは、1つのプロジェクト成功のためにチームメンバーや医師、CRC、クライアントなどみんなで意見を出し合ってゴールを目指していく仕事ですが、それを実感できる、医師と密に話す外勤業務も面白いと感じています!新薬を待っている患者さんのためになればと思って仕事をしています。
CRAという職種に出会えて本当に良かったと思っております!

多くの経験を新人時代にしていたから、今がある。

多くの経験を新人時代にしていたから、今がある。

私は現在3試験目を経験しています。1試験目はOJTの時から仮配属されており、投与期間から試験終了、書面・実地調査を経て承認取得、販売開始まで幅広く経験出来ました。2試験目では新規プロジェクトに施設選定から初期メンバーとして参加したので、2年目で既に試験の立ち上げから終了まですべてを経験できておりました。ここまで経験できたのも、上司が私の力を信じて、様々なことに挑戦させてくれたからだと思っています。実際は分からないことも多くありましたので、業務を任せてもらいつつも、上司や先輩が傍でサポートをして頂いていたので安心して仕事に取り組むことが出来ました。現在担当している3試験目も施設選定から参加しており、今までの経験を活かして仕事が出来ていると実感しています。
リニカルは、上期と下期に目標面談があり、それぞれ目標を立てるときと実施後の評価のタイミングで上司と面談をします。私はその時に、自分のキャリアの話・・・例えばどういう経験を積みたいか、どういう領域に挑戦したいか、今後どうなっていたいか等の話もしています。
私は、様々な経験をさせて頂いていると感じているので、これからも会社の期待に応えていきたいと思っています。
リニカルに恩返ししなきゃ!!という気持ちです!!

入社を決めた理由

入社を決めた理由

リニカルに入社を決めた理由は、今でも間違いなくリニカルの「夏季インターンシップ」に参加したからだと思っています。3日間のプログラムで、社員の皆さんが手厚くフォローして下さり、CRA業務はもちろんQC業務の体験やロールプレイングもさせていただきました。
またランチタイムでは、毎日異なる先輩とお話しすることが出来、先輩方が情熱を持って仕事をしている姿を感じられたこともリニカルを好きになった大きな要因のひとつです。
「夏季インターンシップ」で感じた、『リニカル』という会社の雰囲気と先輩方の雰囲気、どちらも印象が良かったです!
インターンシップで経験したことは臨床開発業務のほんの一部であったものの、様々な業務を経験させて頂けたことに、今でも感謝しています。
個人的な考えですが、働く上で会社の規模感を大切にしていました。
自分の意見をしっかり持ち、それをチームへ発信し、聞いてもらいながら仕事ができるCROはリニカルであると思っていました。たくさんの中のひとりではなく、社員ひとりひとりを見てくれる会社、というのが分かりやすいかもしれません。今でも先輩や上司は、提案が通るもの・通らないもの関係なく、真摯に私の話を聞いて下さいます!これまで女性が多いチームに配属されることが多かったので、仕事のことはもちろん、プライベートの相談をすることもあります。

尊敬する先輩が近くにいるから、想像できる“将来像”

私は今、CRAとして現場を動かしていますが、いずれはML(モニターリーダー)として、プロジェクトを動かしていきたいと考えています。
目標は、入社10年目くらい!それまでに経験をしっかりと積みたいと考えています。

MLとして必要なものの1つは「経験」だと思っています。
問題等が起こった時に、多くの経験があれば過去の経験から対応できることもあります。経験が多ければ多くの案から適切な対応策を考えることが出来ますし、その後冷静に対処することも出来ます。
現在、新しい試験の立ち上げ業務の真っ最中ですが、前の試験でも立ち上げを経験しているので、その経験を活かして業務を進めることができています。

リニカルのMLは、施設を担当しないことが多いです。
最初は私の知識が乏しく、失礼ながら「MLは施設担当していないし、CRAより時間に余裕があるのではないのだろうか?」と思ったことも正直ありました。しかし仕事をしていくうちに、MLには製薬会社との調整・細かい書類のチェック・チームメンバーのケア等、表にはあまり出てこない大切な仕事がたくさんあることを学びました。私たちがスムーズに仕事を進められるのは、MLあってこそだということを痛感し、本当に感謝しています。

私には、目標としているMLもいます。
そのMLは、施設の状況を細かく理解されているので対応がとてもスムーズです。メンバーがどこの施設を担当しているか、各施設のキーとなる医師やCRCさんがどなたでどんな対応をすべきか等、状況を細かく把握されていたので、進捗が滞ったとき施設への対応案を一緒に考えてくださったこともありました。全体の施設数がとても多いプロジェクトでしたので、特に尊敬しています。チームが変わっても気にかけてくれて、今でもアドバイスをくださる本当にありがたい存在です!!

私は将来、こんなリーダーになりたいと思っています!