教育研修

教育研修

リニカルの教育研修に対する思い

リニカルの研修はFace to Faceでの 「Live重視」の研修を行っています。e-learningで研修を行うことによるメリットも多くありますが、それだけでは伝わらない思い、熱意が私たちにはあります。
人が成長する過程には、見守ってくれている安心感、チャレンジしてみようと思えるサポート体制が必要だと考えています。
当社では、医薬品開発において一番重要となる、“被験者の人権の保護・安全の保持”を第一に考え、同時に“治験の質の向上を図る”ことを実現するため、必要な知識や技能を獲得することを目的として、研修を行っています。当社の役員や現場のリーダークラスも研修講師として参加しています。また、外部講師を交えた研修も定期的に開催し、リニカル全体で社員の成長をサポートしています。

基本研修

リニカルでは教育研修の専任者が年間を通じて様々な研修の企画・運営を行っています。
最近の研修はE-learningで行われることが多くなってきていますが、リニカルでは外部講師を招聘した講義形式の集合研修を充実させています。また、研修の対象者を各人の経験年数により、Basic、Advance、Managementの階層別に分類し、それぞれの階層に必要な研修が効果的に行われるしくみを作っています。その他、グループワークを行うなど、知識の吸収だけではなく、実践で活かすことができるプログラム作りを行っています。

臨床開発を支える様々な研修制度

基本研修を軸として、階層毎に特化した育成研修も実施しています。基本研修で特に力を入れているのが、医薬品開発のエキスパートとして必要な科学的な知識や法制度、医薬品開発環境などについての見聞を広げる研修です。さらに、がん・中枢領域チームによる専門性の高い研修や各種E-learningによる研修も実施しています。また、階層別研修としては、事例を題材にしたグループワーク、フォローアップ研修や役職に対応した研修などがあります。その他、グローバルスタディの円滑な遂行には欠かせない英語研修にも力を入れており、TOEICはもちろんのこと治験英語講座では実際に英文作成の実践指導を行っています。

がん領域社内認定制度

受託プロジェクトの半数以上ががん領域を占めるリニカルでは、日本癌治療学会のE-learningをベースにしたがん領域専門CRAの社内認定制度を行っています。このような制度を通して、医薬品開発の専門家として、技術、知識に加えて高い意識をそなえたスタッフを育てています。専門性の高いスタッフは、迅速かつ高品質な臨床試験を実現しています。

日本臨床試験学会が認定するGCPパスポート認定の取得

リニカルでは、一般社団法人 日本臨床試験学会が認定するGCPパスポート認定の取得を臨床開発モニター・臨床研究モニター・品質管理の社員に実施。取得に向けて、教育研修部がGCPパスポート対策講座を複数回実施しています。

その他

基本研修では、臨床開発に関する研修以外にも、ビジネススキルを向上させるための研修や、倫理観を養うためのコンプライアンス研修、自社を知るための研修(海外子会社の紹介、社内規定や制度の説明)なども定期的に実施しています。

新卒者(未経験者を含む)向けの新人研修(導入研修)の実施

新人対象の導入研修では、約100時間の座学研修後、約3ヶ月間の実地研修に移行します。その後、筆記試験、ロールプレイング試験を受験し、合格者はモニター任命/QC認定され、プロジェクト配属となります。