リニカルの成長戦略

リニカルの成長戦略

日本発のグローバル新薬の開発が増加

当社は製薬会社のグローバル戦略をサポートするため、日本を含むアジアと米国、欧州に海外拠点があります。各国には医薬品開発事情に精通した人材を配置し、日本語ベースのコミュニケーションを図れる環境を整備しています。
特に、がん・中枢神経系など難易度の高い疾病領域の国際共同治験においては、日本のリニカルを窓口に国内で早期開発段階を手がけた後、日本・アジアの拠点での開発に拡大しています。後期開発段階を日本・アジア+米国+欧州で手がけて各国での同時上市を目指します。

グローバル体制の確立が進行(平成28年6月22日現在)

日本
  • CRO事業 300名体制
  • 育薬事業 案件拡大により確実な利益を確保
アジア
  • LINICAL TAIWAN CO., LTD.による香港、中国、フィリピンへの進出を検討
欧州
  • 競争力強化により利益率向上を目指す
  • LINICAL Europe Holding GmbHが、新たにイギリス、ポーランドに子会社を設立
米国
  • ニューヨークに本社移転、拠点増設検討、事業運営体制を強化