リニカルの成長戦略

リニカルの成長戦略

創薬支援を新たな事業の柱へ

当社は、非臨床試験段階から臨床開発、製造販売後の育薬まで一気通貫で対応出来る体制をとることで、効率的な新薬開発による上市までの期間の短縮や製品ライフサイクルの延長を可能とし、製薬会社の真のパートナーとして医薬品の価値最大化に貢献してまいります。

グローバル体制の確立が進行

 

Linical Group

利益の確保

全体 従業員1,000名体制確立
日本
  • ①Oncology、CNS、Immunologyに加え、再生医療にも特化
  • ②皮膚科、眼科領域への進出本格化
  • ③Linical Australia、Linical South Africaなどの設立検討
欧州
  • ①競争力強化により利益率向上を目指す
  • ②Linical Italy設立検討、UKのCRA採用強化、さらなる増員と拠点拡大検討
  • ③Linical EuropeとLinical Accelovance Europeの統合によるシナジーの強化
韓国
  • ①早急に100名規模まで拡大
  • ②4期連続の最終利益黒字を土台に高収益体質を確立する

積極的に投資拡大

日本
  • 中国への進出(上海に子会社設立完了)、日本からも人材派遣
米国
  • ①ビジネスの中心と位置づけ育成
  • ②Linical CANADAの設立検討
  • ③ラテンアメリカへの進出を検討
台湾
  • ①シンガポール子会社を含めた新規案件の獲得
  • ②香港、フィリピンへの進出を検討
欧州
  • ①競争力強化により利益率向上を目指す
  • ②Linical Italy設立検討、UKのCRA採用強化、さらなる増員と拠点拡大検討
  • ③Linical EuropeとLinical Accelovance Europeの統合によるシナジーの強化